メニュー閉じる

アリはどうして土の中にすをつくるの

アリはどうして土の中にすをつくるの

"アリは、とても小さな昆虫(こんちゅう)です。しかし、たくさんの小さな仲間がいっしょに仕事をわけあって、力を合わせて生活しています。1ぴきだけでは、生きていけないのです。そのためには、仲間がまとまってくらしていける場所が必要です。これが、巣(す)なのです。

巣は、みんなが安心してくらせるところであり、幼虫が育つところでもあります。アリの親戚(しんせき)の、ハチの仲間にも、子育て用の巣をつくるものがいて、木のすじや粘土(ねんど)のようなどろをかじり取って、つばをまぜて巣をつくっています。
アリも、同じように、土をあごでかじり取り、土の中にトンネルをほっているのです。アリの巣は、地面の中につくったあなであるため、なかなかこわれることはありません。雨がふっても、しみとおってしまいますから、水もたまりませんし、風がふいても何の影響(えいきょう)もありません。土の中はまっ暗ですが、アリは、おたがいに、においなどで連絡(れんらく)しあうために、明るいところと同じように生活することができるのです。つまり、アリのような小さな虫が、仲間どうし力を合わせて生活していくには、土の中は、とてもつごうがいいというわけです。
もちろん、アリの仲間でも、トゲアリのように木の幹(みき)のくさってできたあなを巣にするものや、トビイロケアリのようにかれた木を利用して、巣をつくるものもいます。しかし、ほとんどのアリは、土の中に巣をつくってくらしているのです。”

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP