メニュー閉じる

アリのすの中はどうなっているの

アリのすの中はどうなっているの

"アリの巣(す)は、基本的に下にのびた通り道と、横に少しふくらんだはばの広い部屋からできています。

巣の中のようすを知るには、まず、道を見失わないように、巣のあなに、細い草などをさしこんで、土を静かにほっていきます。しかし、アリの巣は、四方八方にのびているので、まっすぐにほっただけではよくわかりません。
よく見るクロオオアリの巣は、深さは、約30cmほどです。ところが、あちこちにのびていて横はばの方は1m四方くらいもあるのです。夏から秋にかけて草の種を集めるクロナガアリの巣は、なんと、地面の下2mから4mものびています。
横あなは、えさをためておく部屋や子供を育てる部屋、サナギの部屋、などに分かれています。こんなに深い巣だと温度がいつも一定ですごしやすいのでしょう。”

PAGETOP