セミはどうしてすぐ死ぬの

セミはどうしてすぐ死ぬの

セミは、つかまえたものをかっていても、なぜかすぐに死んでしまいます。しかし、セミの幼虫は、土の中で、何年も何年もかかって育ちます。たとえば、アブラゼミは、土の中に、丸6年間もすんでいます。ところが、幼虫のときがすぎて、土から外に出ると、あっという間に死んでしまうのです。

幼虫のときのからをぬぎすてて、成虫になったセミは、卵をうんで自分の命を次に引きついでいくという大事な仕事がのこされています。ところが、それをごく短時間にすまさなければならないのです。
このひみつは、セミの体にあります。親になったセミの体は、おすは飛ぶことと鳴くことだけに、まためすも飛ぶことと卵をうむことだけに、つごうよくつくられているのです。体が、長生きするようにはもともとつくられていないのです。親のセミは、せいぜい10日から2週間の命で、その時間を生きるために、木のしるを少しすうだけです。
親ゼミの仕事は、卵をうむことだけですから、その間生きていられればいいわけです。ですから、親のセミは長生きしないのです。”

PAGETOP