セミはどうして(あんなにうるさく)鳴くの

セミはどうして(あんなにうるさく)鳴くの

あのファーブル昆虫記(こんちゅうき)で有名なフランスのファーブルが、おもしろい実験をしました。セミが鳴いているすぐそばで、「ドーン」と大砲(たいほう)を鳴らしたのです。しかし、セミはそれでも鳴きやまなかったそうです。

実験の結果からは、セミには耳がないように思えますが、じつはセミもやはり耳をもっていて、音を聞くことができるのです。
ところで、鳴くセミはおすだけで、めすは鳴きません。おすのセミは、めすのセミに自分のいる場所を鳴き声で知らせているのです。
ミンミンゼミやツクツクボウシなどは、鳴くと、そのあとパッととびたってしまいますが、アブラゼミやニイニイゼミなどは、 鳴いても、そのまま動きません。つまり、動いてめすをさがすセミと、鳴いてめすをよぶセミの2種類のセミがいるようです。
どちらにしても、おすのセミは、自分のいる場所をめすに知らせるために、あのようにうるさく鳴いているのです。親になったセミは、たった1週間か10日の命しかありません。かぎられた命の中で、次の生命をのこすという大切な仕事をしなければなりません。だから、あのようにはげしく鳴いてめすをよんでいるのでしょう。”

PAGETOP