ダンゴムシはどうして丸くなるの

ダンゴムシはどうして丸くなるの

ダンゴムシがなぜ丸くなるのか、そのなぞをさぐるために、まず、ダンゴムシの体のつくりから考えてみましょう。

ダンゴムシの体は、たくさんの節(ふし)からできています。胸部(きょうぶ)の節は全部で7つあり、これに2本ずつ、合計14本のあしがついているのです。ひとつひとつの節は、かたい甲羅(こうら)のようになっています。しかし、節と節の間は、うすい皮でつながっているだけです。ダンゴムシは、体をつつかれたりすると、キュッと体を内側にちぢめようとします。急に強い光が当たったりしたときも同じです。7枚の甲羅のつなぎ目が内側に引っぱられると、甲羅も、自然に丸くなるのです。もし、甲羅のつなぎ目がかたいと、丸くなることはできません。
ダンゴムシの頭や腹(はら)は、敵に攻撃(こうげき)されると弱いところなのですが、丸くなると、どちらも丸の中に入ってしまい玉のようになります。こうなると、ほかの虫が食べようとしてもやわらかいところがどこにもなく、なかなか食べることができないのです。ダンゴムシが丸くなるのは、このようにまわりの敵から、自分の身を守るためなのです。
おうちの方へ
ダンゴムシとよく似ていて白っぽい体をしたワラジムシは、丸くならないのですぐ別の種類だということがわかります。”

PAGETOP