チョウはどうしてとぶの

チョウはどうしてとぶの

チョウは、体のわりに非常に大きな羽をもっていて、ひらひらと、本当によくとびます。チョウの羽は、全部で4枚あります。大きな前ばねが2枚、少し小さい後ろばねが2枚。この4枚の羽は、チョウの胸(むね)のところについています。

チョウの胸は、羽を動かす筋肉(きんにく)でほとんどいっぱいです。この胸の筋肉、そして体にくらべてとても大きい羽。このために、チョウはひらひらととべるのです。チョウが、この羽を利用して空をとぶ理由はいくつかありますが、そのひとつは、食べ物をさがすためです。チョウは、種類によって食べ物が少しずつちがいます。たとえば、アゲハやモンシロチョウは、花のみつで、オオムラサキやゴマダラチョウは、木のしるを食べます。どちらにしても、とびまわりながら食べ物をさがさなければなりません。
また、おすのチョウがめすのチョウをさがしてとんでいることもあります。めすのチョウにも羽があってとびまわっていますから、おすのチョウがじっとしていては、めすに出会うことはできないのです。
ほかには、めすのチョウが卵を産むための木や草をさがしているという理由もあります。どのチョウも、幼虫が食べて育つ植物は決まっています。そのために、親のチョウは、その木や草をさがして卵を産まなければならないのです。
おうちの方へ
また、イチモンジセセリやヒメアカタテハなどは、生まれ育った所から、遠くはなれたところまで、渡り鳥のように旅行をするチョウです。”

PAGETOP