ハチはどうして人をさすの

ハチはどうして人をさすの

ハチを見ると、すぐさされることが頭にうかび、ハチが近づいてきただけでソワソワしてしまいます。しかし、本当はそんなにこわがらなくてもいいのです。何もしない人を、ふつうハチはさしません。ハチがまわりをブンブン飛んでいても、じっとしてさえいれば、さされることは、ほとんどありません。

もし、じっとしているのにさす虫がいたら、それはアブのなかまです。アブのなかには、人の血をすう種類がいるからです。 ハチには、人間の体の血をすう種類はいません。
しかし、ときどきハチが人をさすという話を聞きます。それは、人間がハチの巣に近づきすぎるからなのです。
たとえば、春のころのハチは、夢中になって巣作りをしていますから、人が指でさわるとか足でふんだりしないかぎりは、さすことはありません。巣作りにいそがしくて人をさしているひまなどないのです。
ただ、夏から秋にかけてのころ、巣が大きくなりハチの家族がふえてくると、ちょっと危険です。近くの草をゆすったり、そばを通ったりしただけでも、ワーッと追いかけてくることがあるのです。これは、ハチが巣をこわされたり、取ったりされると思いこみ、それをふせごうとして人をさすのです。ですから、巣を見つけても、あまり近づかないで、静かにそっと通りすぎるようにしましょう。そうすればハチはむやみにさしたりはしません。”

PAGETOP