ハチはさすと自分も死ぬの

ハチはさすと自分も死ぬの

ハチは、針(はり)で敵をさすと死んでしまうと、よくいわれます。

しかし、ほとんどのハチは人をさしたぐらいで死ぬことはありません。たとえば、スズメバチというハチがいますが、この大きいハチに人間がさされると、そこが2、3日はものすごく痛くなります。そして、とくに体の具合の悪い人がさされたりすると、それがきっかけで死んでしまうこともあるのです。しかし、ハチの方は、人をさしただけでは死にません。これは、ほかのハチでも同じです。
ただ、ミツバチだけはちがいます。ミツバチの針には、さかさのとげがついています。これで人をさすと、このとげがじゃまをして、針がぬけなくなってしまうことがあります。これを無理にひっぱってぬこうとすると、ハチの体がちぎれてしまい、こうなると、ミツバチも、死んでしまうのです。だからミツバチが人をさすと、針がささったままぬけなくなって、そのために死んでしまうということが起こるのです。つまり、さしたあと死んでしまうのはミツバチだけなのです。

PAGETOP