ホタルのおしりはどうして光るの

ホタルのおしりはどうして光るの

ホタルは、おしりを光らせながら、なかまどうしで会話をしているのです。

たとえば、ゲンジボタルやヘイケボタルは、なかまどうしで自分のいる場所を知らせる合図(あいず)に使っています。また、おすとめすの合図に使われることも多いのです。このように、おしりを光らせて、あいさつをしているのです。
光っているようすは、人間が見ても、おすとめすの光り方がちがうことがはっきりわかります。また、光り方は、種類によってもちがいます。ですから、ゲンジボタルのおすがヘイケボタルのめすのところに、近よっていくことはまずありません。うまくできているのです。
ところで、光るしくみのことですが、腹(はら)の先の部分にあるホタルルシフェリンという物質が、酸素(さんそ)の力をかりて、ルシフェラーゼという物質といっしょになると光が出 るのです。このようにして発生した光は、電球が光るときとは異なり、熱くはありません。

PAGETOP