秋になるとどうして木の葉の色が変わるの

秋になるとどうして木の葉の色が変わるの

ふつう、木の葉は緑色をしています。では、まず、色が変わる説明をする前に、どうして木の葉は緑色なのかについてふれておきましょう。

木の葉が緑色なのは、木の葉の中に、葉緑素(ようりょくそ)と呼ばれる緑色のつぶがたくさんふくまれているからです。この葉緑素には緑色のつぶだけではなく、黄色のつぶもありますが、こちらの方はあまり目立たないために、葉は緑色をしているのです。

ところが、昼間の時間が短くなってすずしくなると、緑色の葉緑素はこわれてしまいます。すると、いままで目立たなかった黄色いつぶの色が見えるようになります。こうして、緑色の葉っぱが黄色く変化するのです。イチョウやプラタナスが黄色くなるのはこのためです。

また、木の葉には、カエデやツタなど赤い色になるものもあります。こういう葉は、葉緑素がこわれるまでは黄色くなる葉といっしょですが、ちがうのは、その後に、葉の中に残っていた糖分(とうぶん)が変化して、赤い色ができるという点です。

PAGETOP