アサガオの花はどうして朝さくの

アサガオの花はどうして朝さくの

7月ごろ、アサガオの花がさくのは、早朝の午前3時から4時ごろです。

まだうす暗く、明かりをつけなければまわりの様子が見えない時間にさくのです。ということは、アサガオの花は、朝の明るさによってさくというわけではなさそうです。実は、これは前日の昼の長さと関係があるのです。
アサガオのつぼみは、前日の昼間のうちにたっぷりと太陽の光をあびたあと、暗くなってから、およそ9時間後に開くという性質を持っています。このために、朝明るくなくても暗いうちから花が開くというわけなのです。この性質がわかれば、明日の朝何時に花がさくのかがわかります。
また、オシロイバナやオオマツヨイグサにも、同じような性質があります。日がくれてから何時間後に花がさくのかということを、いろいろな花で調べてみるとおもしろいでしょう。

PAGETOP