メニュー閉じる

アジサイの花の色はどうして変わるの

アジサイの花の色はどうして変わるの

アジサイの花は、何度も花の色が変わることで有名です。しかし、どのアジサイでも同じように何度も色が変わるというわけではありません。

ひみつは、アジサイの種類と、、植えてあるところの土にあるようです。では、まず色が変わる説明をする前に、アジサイのピンク色の話をしておきましょう。もともとのアジサイの花の色は、アントシアンという色のもとによってでるピンク色なのですが、このアントシアンという色のもとに、何かがまじると色が変わってくるのです。
その何かというのが、まだ完全にはわかっていないのですが、おそらく、アジサイが水といっしょに土の中からすい上げる何かであろうといわれています。
そのために、アジサイは、植えた場所によって色がちがうということがおこるのです。これは、植えた場所の土の中に混じっている「何か」が、場所によってちがうからなのです。
この「何か」の中で、ひとつわかっているものは、アルミニウムという金属です。土の中にアルミニウムがあって、これをアジサイがすい上げると、アジサイの花は、青くなるといわれています。
このようにアジサイの花は、植えられた土によって花の色が変化するために、きれいなアジサイだと思って植えても、場所がちがうとあまりきれいにならないこともあります。その反対に植えてみたらきれいになったということもあるのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP