メニュー閉じる

オジギソウはどうしてさわるとおじぎをするの

オジギソウはどうしてさわるとおじぎをするの

オジギソウの葉は、つけ根に空気まくらのような細胞(さいぼう)がついています。

この中には水分が入っており、ふだんはぴんとはっています。葉の先に指でさわると、葉からじくのところにある細胞に「さわられた」という信号がとどき、細胞の中の水分が片方だけぬけてちぢんでしまうのです。するとちぢんだ方を内側、ちぢまない方を外側にしてまがります。このようなしくみで葉が動きます。この動きは、さわったときだけではなく、強い光や熱に当たったときにもおきることなのです。
さて、一度おじぎをした葉はそのままにしておくと、ゆっくり元にもどっていきます。これは、ぬけ出した水分がまた元の細胞にもどるために、ふくらんでぴんとするからなのです。しかし元にもどるのは非常にゆっくりで、おじぎのときのように速くはありません。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP