メニュー閉じる

かびはどうして生えるの

かびはどうして生えるの

カビは生き物ですから、生まれたり死んだり、ふえたりへったりしているものです。

まず、カビは生き物であるということを、頭に入れておいてください。
さて、カビは、植物の種のようなもので胞子(ほうし)とよばれるものからふえていきます。この胞子は、非常に小さく、しかも軽いために、空気中のどこにでもうかんで飛んでいくことができます。目には見えなくても、空気中には、カビの胞子がたくさん飛んでいるのです。
また、このカビの胞子はあらゆる物にくっつく性質を持っています。ちょうどいい温度と湿り気と、好きな食べ物があれば、胞子は菌糸(きんし)という糸を出してふえていきます。ふつうの植物でいうと種が芽を出すのと同じことです。
これがどんどんふえて、大きくなると、胞子のふくろができてきて、人間の目に見えるようになります。これが人間の目に見えるカビなのです。カビは、このようにしてふえていきますが、いくら胞子がくっついても、温度・湿り気・栄養(えいよう)の3条件がそろわないとカビにはなりません。
また、カビはふえると、そのものの性質まで変えてしまいます。カビの生えたもちやパンが食べられなくなるのはそのためです。しかし、よくかわかしたり、冷たくしておけば、 たとえ胞子があってもカビは生えません。 食べ物を冷蔵庫に入れておくと、カビはなかなか生えないというのはこのためです。

PAGETOP