メニュー閉じる

花粉はどうしてあるの

花粉はどうしてあるの

花粉は植物にとってなくてはならないものなのです。ほとんどの植物は花粉がないと種ができません。種ができないと、植物は自分の仲間をふやすことができませんから、花粉は絶対に必要なものなのです。

花粉はおしべのふくろの中にできる細かい粉のようなものです。この花粉がめしべの先につくと、めしべの根もとにある子房(しぼう)に種ができます。
また、この花粉は同じ種類の花でないと役にたちません。スギの花粉は空気中を飛んで、遠くにある同じ種類のスギのめしべについてスギの種をつくります。マツの花粉がいくらスギについてもスギの種はできないのです。ユリの花粉は、みつをすいにきたチョウやハチの体にくっついて、同じ種類のユリの花のめしべについて、そこで種ができます。
スギやマツの花粉のように風で飛ばされてめしべにつくものは、飛ばされやすいように軽くてさらさらしています。また、ユリやツツジのようにチョウやハチの体の毛にくっついて運ばれる花粉は、ねばねばしたりとげがあったりして虫の体にくっつきやすいようになっているのです。

PAGETOP