メニュー閉じる

木はどうしてはえてくるの

木はどうしてはえてくるの

イチョウやケヤキのように大きな木も、最初は種から芽が出て、長い間かかって成長し大きくなります。

つまり、どんなに大きなものでも、すべての木は、 草や花が種から芽を出すのと変わらないのです。種ができるということは、その前に必ず花がさきます。ケヤキやスギも、まず花がさいてから種ができるのです。
当然大きな木になると種もたくさんできますが、落ちた種から全部芽が出てきたら、まわりじゅう木でおおわれてしまいます。しかし森では日当たりの関係などで、大きな木の下では同じ種類の木は育たないようになっているのです。また、なかには芽が出ても、 その場所に木を育てる栄養がたりなかったりすると、 大きくなる前にかれてしまうものもあります。 木はたくさんの種をばらまいても、 ちゃんと芽を出して大きく育つのは、そのなかのほんの少しだけなのです。
このほかに、木の種類によっては、種からではなく切りかぶから新しい芽が出て大きく育つものや、地面の中の茎(くき)や根から新しい芽を出すものもあります。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP