メニュー閉じる

木はどうしてあんなに大きく育つの

木はどうしてあんなに大きく育つの

どんなに大きな木でも、最初は小さな種から出た小さな芽(め)から始まります。

この小さな芽は、さらに小さな細胞(さいぼう)がたくさん集まってできていますが、 その後、栄養(えいよう)をもらいながら、だんだん数がふえていくのです。つまり、植物が大きくなるのは、この細胞の数がどんどんふえていくからです。 細胞の数がふえるのをやめてしまうと、 成長も止まり、もうそれ以上大きくならないというわけです。
植物は、種類によって、およそどのていどまで細胞がふえるのかというのが決まっています。ですから、種類がちがえば、大きさやえだのつきかたもちがってくるのです。
ところで、細胞というのは、勝手にどんどん数がふえるものではありません。細胞がふえるためには、根からすい上げる水や養分、葉にあたる日光が多くないと、それほど成長はできません。また、木のまわりの空気や土の温度、湿り気(しめりけ)も大切な条件で、これも適していないとやはりだめなのです。
このことは、動物にもすべて当てはまります。動物の体も、小さな細胞がたくさん集まってできています。その細胞のふえる数がだいたい動物の種類によって決まっているというわけです。そのためにゾウは大きくなるし、ネズミは小さいままなのです。

PAGETOP