メニュー閉じる

木は最初どうやってできたの

木は最初どうやってできたの

木も草も動物も、最初から今のような形のものが、突然(とつぜん)地球上に誕生(たんじょう)したわけではありません。

いずれも、非常に長い時間をかけて、すがたや形を変化させ、 現在のようになったのです。これを進化といいます。もちろん木も、進化して現在のようになったわけですから、一番最初の木はとうの昔に消えてしまい、特定するのは大変むずかしいことです。したがって、あまりはっきり説明することができませんが、今考えられていることは、次のようなことです。
今から30億年ほど前に、海の中に最初に誕生した生物は、細菌(さいきん)のように小さいものでした。そのうちに、今の植物と同じように光合成(こうごうせい)をするものが現れたのです。そして、コンブのような植物になりました。次に、植物は陸に上がり、今のシダやツクシのような、胞子(ほうし)でふえる植物になっていったというわけです。
なかでもシダのなかまは非常によく栄(さか)えて、やがてせの高いものが生まれ、大きな森となったのです。
しかし、空気中の成分や地上のようすが変化するにつれて、それらの植物もつぎつぎにほろんでしまいました。そして、次の恐竜時代に現れたのがソテツやイチョウのような木の仲間でした。ここで初めて、種でふえる植物が生まれてきたのです。花がさき、実がなり、種ができるという木の始まりは、ソテツやイチョウのような木であったといえるのです。

PAGETOP