メニュー閉じる

木の寿命は何年くらいなの

木の寿命は何年くらいなの

木といっても、いろいろな種類がありますから、寿命もまたいろいろです。

しかし、せの高い木のなかには、おどろくほど寿命の長いものもあるのです。
たとえば、日本の屋久島(やくしま)に生えているヤクスギというスギの木は、何と2000年から3000年も生きています。また、アメリカには、4000年以上も生きている木があるのです。
ところで、カキの木やモモの木、クリの木のように、あまり大きくならない木は、これほど長生きすることはできません。せいぜい十数年から数十年で、100年も生きられないものがほとんどです。
しかし、ヤクスギのように大きな木はたしかに寿命が長いようです。もっとも、数千年いう年月になると、なかなか人間が調べることはできませんから、これらが、本当のところどのくらいまで長生きできるのかということは、じつはよくわかっていないのです。
研究者のなかには、およそ6000年までは生きるのではないかという説をもっている人もいるのですが、今のところ、まだはっきりとはわかっていません。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP