メニュー閉じる

サボテンにはどうしてとげがあるの

サボテンにはどうしてとげがあるの

サボテンには、茎(くき)も葉もないようにみえますが、柱やうちわや玉のような形をしたところが茎なのです。

その証拠(しょうこ)に、ここには花がさきます。サボテンの花は、なかなかさきませんが、ちょっと想像もつかないほどきれいな花をさかせます。
次に葉っぱですが、芽が出るときには小さな葉のようなものが2枚出るのですが、これは成長しているうちになくなってしまいます。
とげについては、葉が形を変えたものだという人もいますが、茎から出るえだが形を変えたものらしいという方が正しいようです。
サボテンは、もともと、雨が少なく、昼は暑く、夜は寒い、といった砂漠(さばく)のようなきびしい環境(かんきょう)の中で生きている植物です。サボテンのかわった体は、そのような悪条件で育つのにつごうよくできているのです。皮が厚いために水分は蒸発(じょうはつ)しにくく、その皮の内側には水や栄養分(えいようぶん)をいっぱいにためておくこと ができます。
また、このとげがあるおかげで、動物に食べらずにすんでいるのです。もっとも、サボテンを食べるトカゲや、そこに巣を作る小鳥、そのしるをすうカイガラムシなどもいるので、このような特別な動物にはあまりききめがないかもしれません。でも、一般的にサボテンのとげは、自分の体を守るためにある、といっていいでしょう。

PAGETOP