メニュー閉じる

植物はどうしてさん素を作りだせるの

植物はどうしてさん素を作りだせるの

ふつうの植物は緑色をしています。これは、植物の体の中に葉緑体(ようりょくたい)というものがふくまれているからです。

この葉緑体の中には、 緑色をした「葉緑素(ようりょくそ)」というものがあり、このために植物は緑色に見えるのです。
ところで、この葉緑素に光が当たると、葉緑素は光の力をうまく利用して、まわりにある二酸化炭素(にさんかたんそ)と、根からすい上げた水を原料に、でんぷんや砂糖(さとう)のようなものをつくります。このことを光合成(こうごうせい)といいます。この光合成という仕事は、植物の葉緑素だけにしかできません。科学が発達した現代でも、まだ人間にはまねのできないことなのです。
植物は光合成をするときに水を原料にすると最初に説明しましたが、これを正確にいうと、植物は、水の中の水素だけを原料として使っているのです。水は水素と酸素(さんそ)からできていますが、酸素は光合成には必要ありません。そこで、あまった酸素は植物の体から外に捨てられて出てくるのです。植物が酸素をつくるというのは、こういうことなのです。
今わたしたちがすっている酸素は、植物が30億年以上もかかってつくり出してきたものです。植物のおかげで、人間は生きていることができるのです。

PAGETOP