メニュー閉じる

植物の成長にどうして水が必要なの

植物の成長にどうして水が必要なの

植物の体は、細胞(さいぼう)という、小さく区切られた小部屋の集まりからできています。

この細胞の中には、「原形質(げんけいしつ)」という水分の多いものがたくさんつまっています。この、細胞の中の水分は、根からすい上げた水がもとになっていますから、もし水がなくなるとこの水分が外へ出てしまい、細胞はひからびて死んでしまいます。たくさんの細胞が死ぬと、当然植物はかれてしまいます。
また、植物の葉は、太陽の光をエネルギーにして、根からすい上げた水と、まわりにある二酸化炭素(にさんかたんそ)から、でんぷんなどの栄養分(えいようぶん)をつくって、自分の体を大きくしています。この仕事に、水はかかせないものなのです。
そのほかに、植物の根は、土の中の水にとけている肥料(ひりょう)をすい上げて、植物の成長を助けています。肥料は水にとけないと根からすい上げることができませんから、やはりここでも水が必要というわけです。
水がないと、植物はしおれてしまい、葉は自分の体の栄養をつくることができず、そして根からは、肥料をすい上げることもできなくなるのです。水はこのように重要な働きをしており、植物にとってなくてはならないものなのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP