メニュー閉じる

植物(花)はどうやって水をすいあげるの

植物(花)はどうやって水をすいあげるの

ぐったりとしおれかけた植木ばちのアサガオに水をやると、しばらくしてぴんとしてきます。

しおれかけていたのは、 それまで水がたりなかったからだとわかります。 水をやったあとぴんとしてきたのは、根からすい上げられた水が、 アサガオのくきや葉っぱの中にいっぱいになったというしるしなのです。
バラなどの切花(きりばな)でも、水をすうと、 ぴんとして元気になります。 植物はつねに水を必要としているのです。
植物の根で水をすい上げるところは根毛(こんもう)という部分です。根毛は、細く分かれた根の先に生えた、毛のようなところをいいます。土の中に水があると、根毛の皮を通って水はどんどん根の中に入ってきます。そして、根に入った水は、根からくき、えだ、葉へと続いている細い管に入り、どんどん上昇(じょうしょう)していくのです。そして、あまった水は、葉っぱにある気孔(きこう)とよばれるあなから水蒸気(すいじょうき)となって外へ出ていきます。

おうちの方へ
茎の中の水が通る管のことを道管(どうかん)といっています。切花では、花瓶の水が茎の道管から直接吸い込まれます。道管の中に空気などが詰まっていると水はよく吸い上がっていきません。よく水を吸わないとき、水の中で茎を切ったり、切り口を火で焼いたり、叩いてつぶしたりするのはこのためです。こうすると、道管の中の空気が出てしまうために、水をよく吸い上げるのです。

PAGETOP