メニュー閉じる

植物の種はどうやってできるの

植物の種はどうやってできるの

この質問には、花のしくみがわかりやすいアブラナを例にして、種のでき方を説明しましょう。

アブラナの花は外側から、がく、花びら、おしべ、めしべという順に集まっています。いちばん真ん中に1本あるのがめしべになります。このめしべだけをピンセットで取り出してみると、首の細長い花びんのような形をしているのがわかります。
いちばん上の丸いところが、めしべの頭で、下のふくらんだところは子房(しぼう)の部分です。この子房をカッターナイフでたてにさいてみると、緑色の小さな丸いつぶが、多いときには10個ぐらいずつ、2列にならんでいるのが見えます。この小さなつぶを胚珠(はいしゅ)とよんでいます。種は、この胚珠が大きくなったものなのです。
しかし、胚珠は、このままでは種になりません。おしべの花粉が、虫などの体にくっついて運ばれて、それがめしべの頭につき、その花粉からのびた管によって胚珠につくと、めしべのもとの子房が育って実になり、胚珠が種になるのです。
ふつうの植物のめしべのもとには胚珠があって、めしべに花粉がつくと種ができるしくみになっているのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP