メニュー閉じる

種からどうしてめがでて成長するの(花や実をつけるの)

種からどうしてめがでて成長するの(花や実をつけるの)

種はとても小さいものです。小さくてかたくて、まるで小石のようです。

しかし、種には、植物をあちこちにちらばせて、仲間をふやすという大事な役目があります。あの小さなつぶの中には、親の植物と同じ花がさいて、同じ実になる「もと」のものが、ギッシリとしまいこまれているのです。
種は、ふつう、黒っぽい色をしているものが多いようです。黒は太陽が当たったときにあたたまりやすいからといわれています。
種は、地面の上にちったり、まかれたりして、ちょうどいい水気と温度になるとすぐに芽(め)を出す性質があります。栄養は、初めの葉っぱが出るまでは、種の中にあるものを使って育ちます。
根がのびて、葉が出てくると、今度は、根からすい上げた水と、土の中にあった栄養と、葉っぱで作ったデンプンの3つを合わせてどんどん成長していきます。
その後は、植物によってちがいがありますが、ある程度まで育つと、どの植物もつぼみができて、やがて花をさかせるのです。
この質問の答えは、「種の中にその『もと』になるものがあるから」というのが一番適当でしょう。最初に芽を出すまでの「もと」は種の中に入っていますが、そのあとは、土の中の栄養をすい上げたり、太陽の光を栄養にして大きくなっていくのです。

PAGETOP