メニュー閉じる

種は何からできているの

種は何からできているの

種は植物がなかまをふやすためにあります。

そのためには、あちこちにちらばった方が有利ですから、小さい方が好都合です。しかし、ちらばっただけではふえることはできません。ふえるためには、まず芽(め)を出さなければなりません。
芽のもとになるのは、胚(はい)と言われているところで、種の中のすみの方にあります。
そして、その胚が育つためには栄養(えいよう)が必要です。この栄養が胚乳(はいにゅう)なのです。胚乳は、種の中のまん中にあり大きなスペースをしめています。さらに胚と胚乳の2つをしまっておくふくろが必要です。このふくろが種皮(しゅひ)、つまり種の皮というわけです。
つまり、種というのは、芽のもとになる胚と、栄養になる胚乳と、2つをつつんでいる種皮の3つからできているのです。
しかし、種の中には、アサガオやヘチマ、ダイズのように胚乳のない種もあります。このような種には、植物がまだ小さいときに出る子葉(しよう)という葉っぱのもとがありますが、その葉っぱのもとの中にたまっている養分が、育つときに使われるのです。胚乳のない植物の種では、子葉、若い根、芽をあわせたものが、胚となります。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP