メニュー閉じる

種なしスイカや種なしブドウは種がないのにどうやってふやすの

種なしスイカや種なしブドウは種がないのにどうやってふやすの

種なしブドウは、何もしないでおけば種はできるのです。

人間が特別に手を加えるために、「種なし」になってしまうのです。
種なしブドウは、ふつうに育っているブドウの木をそのまま使っています。花がさいたのを、そのままにしておけば、ごくふつうのブドウになって、種のある実ができるのです。
ところが、花がさいて、実ができかかったときに、特別な薬を実にふきつけたり、薬に実をつけたりすると、実は大きくておいしくなるのに、種はもとの小さいままの「種なし」ができあがるというわけです。
つまり、ふつう種なしというのは、人間が手を加えて特別に作ったものなのです。ですからそのまま何もしないでおくと、ふつうの種ありにもどってしまいます。
ただし、カキの場合だけは、何もしなくても、種なしの実がなるものがあります。この種なしのカキは、つぎ木をして木を増やしています。つまり、木のえだを切り取って、他の木のみきにつなぎ合わせて育てる方法です。これなら種なしのカキの場合でも、木を増やしていくことができるわけですから、種は必要がないのです。

PAGETOP