メニュー閉じる

花はどうしてさくの

花はどうしてさくの

大昔は、花がさく植物はありませんでした。

花がさかなければ種はできません。花がさかない大昔の植物はどうやってふえていったのでしょう。
じつは、そのような植物は、成長すると体の一部が分かれて、それぞれが生きていくという方法で仲間をふやしていたのです。
しかし、この方法で仲間をふやしても、同じ種類の仲間しかふやすことはできません。しかも、このようなふえ方を続けていると、ふしぎなことにとちゅうから、だんだんその種類の勢(いきお)いがなくなってしまうのです。
そこで、だんだんと、現在のように花がさいて種ができるという植物が現れてきました。このような植物があらわれたのは、今からおよそ3億4000万年も前のことになります。3億4000万年前という時代は、恐竜が地球に現れるより1億年以上も昔のことです。
そのころの花は、花粉(かふん)ができる雄花(おばな)と種のもとになるものがむき出しについている雌花(めばな)のふたつだけからできていました。現在あるものの中では、イチョウが一番近いと考えられます。しかし、このふたつだけでちゃんと種ができて、新しい強い仲間がふえるようになったのです。
つまり、花は、種をつくって自分の仲間をふやすためにさいているといえるのです。

PAGETOP