バラにはどうしてとげがあるの

バラにはどうしてとげがあるの

バラには、茎(くき)にいたそうなとげがついています。

あのとげは、バラの芽(め)がのび出したときからもうついているのです。バラは赤ちゃんのときからすでにとげをもっていることになります。
まだ茎がやわらかいうちにとげをとると、とった後のきずがなおらなくなり、きずあとは、そのまま残るだけではなく、茎も折れやすくなります。とげは、いらないものではなく、バラにとっては、大事な服のようなものであるといえます。
バラのとげは、若いときには、茎と同じ色をしています。緑色をしたとげは、茎の太さを倍近くにふくらませて、茎の働きを助ける役目をしています。つまりバラのとげは若いときに必要なものなのでしょう。ただ、それ以上くわしいことはよくわかっていません。
バラはとげで敵から身を守っているということをよくいわれますが、本当のところ、とげにはそこまでの力はありません。人間がさわると、たしかにとげはいたくていやなものですが、バラの一番の敵である虫たちはとげなどまったく気にしておらず、平気でバラを食いあらしているのです。

PAGETOP