リンゴはどうして赤いの

リンゴはどうして赤いの

リンゴには赤い色をしたものが多いようです。

しかし、そのように赤い実のリンゴでも、若い実は緑色をしています。これは、カキの実でも、ミカンの実でも同じで、やはり緑色をしているのです。
この緑色は、葉の中にある葉緑素(ようりょくそ)の色です。葉緑素があるために、若いころのリンゴは青いのです。
しかし、この葉緑素は、秋になって昼間の時間が短くなったり、夜と昼の温度の差が大きくなってくると、だんだんこわれてしまいます。したがって緑色も消えていくのです。
そのかわりに、赤い色のもとになるアントシアンというものが、だんだんふえていきます。アントシアンは、太陽の光が当たるとふえていく色素(しきそ)なのですが、このアントシアンが赤いために、リンゴも赤くなるのです。
赤くなるには、太陽の光が必要であるというのを証明する、おもしろい実験があります。まだ緑色で、木になったままの若いリンゴの実に、光を通さない黒いビニールテープをはっておきます。しばらくして、リンゴが赤くなったころにテープをはがすと、テープの下は緑色のままで、赤い色のリンゴに、緑のテープのあとがはっきり残ります。これは、リンゴは太陽の光が当たることで赤くなることの証拠(しょうこ)なのです。

PAGETOP