レンコンはどうしてあながあいているの

レンコンはどうしてあながあいているの

レンコンとは、地面の下にあるハスの茎(くき)に、栄養(えいよう)がたまって、太くなったもののことです。

このレンコンを横に切ると、丸いあながぎょうぎよくならんでいることがわかります。また、レンコンのどこを切っても、あなのならび方が同じなのは、あながたてにずっとつながっているからなのです。
このあなは、茎と茎の間の節(ふし)を通りこして、次の茎に、そして節から出ている葉柄(ようへい)にまでつながっています。
このあなは、空気が自由に通ることができます。ハスは、なぜか、どろんこの田んぼが大好きで、田んぼでないとあまりよく育ちません。ところが、ハスが育つためには、どうしても空気が必要です。空気は、当然のことながら田んぼの中にはありません。そのために、ハスは茎の中にあなをあけて、ここを空気の通り道にしたというわけです。
空気は、水の上に出ている葉から、あなを通って地面の下の茎、そして根まで通ります。レンコンにあながあいているのは、空気を根までとどけるためなのです。

PAGETOP