海にはどうして波があるの,波はどうやってできるの

海にはどうして波があるの,波はどうやってできるの

台風が近づいてきたり、風が強いとき、波は大きくなります。このとき、何が波を大きくしているのでしょうか。

答えは風です。風が強いから波が大きくなるのです。
ところが、まったく風のない日でも海の波はなくなりません。これは、波がとても遠くまでつたわる性質があるからです。波打ちぎわに風がふいていなくても、海の上のどこかでは、必ず風がふいています。そこでできた波が岸までつたわってくるのです。
海の上をふく風によって水面に凸凹(でこぼこ)ができて、それが波になるのです。

PAGETOP