オゾン層とは何

オゾン層とは何

地球には空気というものがあります。この空気は地上からおよそ500kmの高さまであります。そして、空気は上昇(じょうしょう)するほどにうすくなっていき、温度も変化していきます。

この空気の層(そう)のなかで、地上からの高度約20~30kmあたりには、オゾンというガスがたくさんふくまれているところがあります。ここを「オゾン層」といっているわけです。
太陽の光には、生物にとって大変危険な「紫外線(しがいせん)」という、目には見えない光線がふくまれています。オゾン層は、この紫外線を吸収(きゅうしゅう)する働きをしているのです。
ところが最近、人間が使ったフロンガスが、上空にまでいき、このオゾンをこわし始めていることがわかってきました。そして、南極や北極の上空などにはオゾンが非常に少ないところができてきたのです。このようなところを「オゾンホール」といっています。 「ホール」というのは「あな」という意味ですから、「オゾンのあな」というわけです。オゾンホールがこれから先どんどん大きくなると、地上に降ってくる紫外線の量が増え、地球の生物にとっては大変危険です。そこで、世界中でフロンガスの使用を禁止しようと努力しているのです。

PAGETOP