どうして空気はすってもすってもなくならないの

どうして空気はすってもすってもなくならないの

わたしたちは呼吸をして、いつも空気をすったりはいたりしています。人間がすった空気の量とはきだした空気の量はほとんど同じですから、人間がたくさんいても、空気の体積そのものがへることはありません。

ところが、人間や動物が空気をすうと、空気の中の酸素(さんそ)が体の中に取りこまれます。はきだした空気の中は酸素が少なくなり、かわりに二酸化炭素(にさんかたんそ)がたくさんふくまれています。このままでは、空気中の酸素はどんどんへり続け、二酸化炭素がどんどんふえてしまいます。
しかし、そうならない理由は、植物があるからです。植物は、人間や動物とまったく正反対のことをしているのです。植物は、太陽の光をエネルギーとして利用しながら、水と二酸化炭素からデンプンを作りだしています。このことを、光合成といいますが、その光合成のとちゅうで、酸素をはきだしているのです。つまり、人間や動物がはきだした二酸化炭素を、植物は酸素にもどしているということになります。
人間や動物が、酸素をすって二酸化炭素をはきだし、植物が、二酸化炭素をすって、酸素をはきだします。動物と植物はおたがいに助け合いながら生きているのです。
もし、地球上から植物がなくなってしまったら大変なことになります。だんだんと酸素が少なくなり、やがて地球上の人間や動物は、すべて死んでしまうでしょう。このように植物はすべての動物にとって大切な存在なのです。

PAGETOP