空気はどうして見えないの

空気はどうして見えないの

空気には色がついていませんから、見えないといっていいでしょう。空気には、窒素(ちっそ)が約78%ふくまれています。

次に多いのは酸素(さんそ)で、約21%。この2つを合わせただけで、99%になってしまいます。つまり、空気を作っているのはほとんどこのふたつのガスであるといえますが、これらには、色がまったくついていないのです。
では、のこりの「1」には何がふくまれているのでしょう。この中には、アルゴンと二酸化炭素(にさんかたんそ)が少し、このほか、ネオン、一酸化炭素、オゾン等が、ほんのわずかずつふくまれているだけです。この中に、もしひとつでも、色のついたものがまじっていたならば、空気にも、多少色がついていたでしょう。しかし、残念ながら、これらにもやはり色はありません。そのために、わたしたちの目には空気は見えないということになるのです。

おうちの方へ
気体が無色であるということは、それぞれの気体の分子が特定の波長の光を反射したり拡散したりしないということです。

PAGETOP