メニュー閉じる

地震はどうしておきるの

地震はどうしておきるの

地震(じしん)がおきるのは、地球の地面が動いていることの証拠(しょうこ)です。

地球の表面は、プレートとよばれるうすい板のような岩でおおわれています。地球の表面は、このプレートが何枚も組み合わさってできているのです。つまり、地球の表面は、何枚ものプレートが組み合わさった、ジグソーパズルのようになっていると考えてもいいでしょう。
ところが、このプレートは、それぞれがいろいろな方向に動いています。動いているといっても、1年にせいぜい2~20cmくらいしか動かないのですが、少しではあってもやはり動き続けているのは確かなことです。
丸い地球の表面をおおっているプレートがいろんな方向に動くわけですから、必ずどこかでぶつかります。このプレートどうしがぶつかるところでは、一方のプレートがもう一方のプレートの下にもぐりこむという現象(げんしょう)がおきているのです。
このように、下にプレートがもぐりこんでいくとき、プレートの岩がこわされます。このとき地球の表面はグラグラとゆれるのです。これが地震の正体です。
日本の真下では、このプレートが活発に動いています。太平洋の方から日本に向かって動いているプレートが、今まさにもぐりこんでいる最中なのです。日本に地震が多いのはこのためです。

PAGETOP