メニュー閉じる

石油は何からどうやってできたの

石油は何からどうやってできたの

石油のもとは、ケロジェンとよばれるもので、これは、大昔のプランクトンの死がいの中に入っていたものだと考えられています。

プランクトンとは、海の中にいる小さな生物のことですが、このプランクトンが死ぬと、死がいは、土や砂といっしょに海の底に少しずつ積み重なっていきます。
そして、そのプランクトンの死がいの上には、数百万年、数千万年という長い年月の間に、砂やどろが積み重なっていくのです。そして、プランクトンの死がいは、しだいに土の中の深いところにうもれていくわけです。その後、死がいは、あるとき、土の中にいるバクテリアと地下の熱の働きで、「石油」に変わったのです。
その石油が、地中の割れ目を通って、たまりやすいところに集まったのが油田です。現在、中東地方で石油がたくさん見つかる理由は、大昔、そのあたりに、テチス海という、広くて浅い海があったからであるといわれています。そこには、プランクトンの死がいがたまるのにちょうどいい海と、石油ができやすい条件がうまくそろっていたと考えられます。

おうちの方へ

油田ができるためには、もう一つ重要な条件があります。それは、背斜構造と呼ばれる地質構造です。これは地下の地層が凸に曲がった構造のことで、凸の上の部分に石油が溜ります。地下に背斜構造があるところを探さないと石油は発見できません。

PAGETOP