メニュー閉じる

ダイヤモンドは何でできているの

ダイヤモンドは何でできているの

ダイヤモンドは炭素(たんそ)からできています。炭素からできているものには、黒鉛(こくえん)がありますが、これは、鉛筆のしんの材料と同じもので、真っ黒な炭(すみ)のようなものです。

炭のような黒鉛とキラキラ光るダイヤモンドが、同じ炭素でできているというのは、なかなか信じられませんが、これほどちがうのは、炭素の結びつき方がまったくちがうからなのです。
ダイヤモンドは、地下100kmという、とても深いところでできます。このような深いところは、高温、高圧で、回りからかなり強い力でおさえつけられているのです。そのために、炭素のつぶは強く結びつけられ、ダイヤモンドになるというわけです。
地下100kmでしかできないダイヤモンドが、地球の表面で見つかることはとてもめずらしいことです。そのためにダイヤモンドは少ししか見つけることはできません。ダイヤモンドはとても美しいのに、ほんの少ししか地球上にありません。それでだれもがほしがり、当然のことながら値段も高くなってしまうのです。

PAGETOP