地球は何からできているの

地球は何からできているの

地球をふたつに輪切りにしたものは、ゆで卵を輪切りにしたものによくにています。
一番外側の卵のからの部分。ここは、地殻(ちかく)とよばれるところで、厚さが5~40kmほどの岩でできています。

その内側の、白身の部分。ここは、マントルとよばれていますが、ここもやはり岩でできています。ただ、地殻を作っている岩とはちがう種類の岩なのです。
そして、最後に、卵の黄身の部分。ここは、核(かく)とよばれています。この核は、まん中に金属のかたまりがあり、そのまわりを液体の金属が取りかこんでいます。
地球の内部は大きく分けると、このように、地殻・マントル・核の3つの部分に分けることができます。それぞれの部分が岩石か金属でできています。したがって地球はほとんどが岩石と金属からできているのです。
おうちの方へ
大陸部分の大陸地殻は上部が花崗岩質岩、下部が玄武岩質岩。海洋地殻はすべて玄武岩質岩からできています。マントルは、カンラン石などのケイ酸塩鉱物から、核は鉄、ニッケルなどの金属から構成されていると考えられています。

PAGETOP