メニュー閉じる

どうして地球はじしゃくになっているの

どうして地球はじしゃくになっているの

地球がなぜ磁石(じしゃく)なのかを説明するためには、まず、地球の中がどうなっているのかから話を始めなければなりません。

地球の中は、「地殻(ちかく)・マントル・核(かく)」の3つの部分に分かれています。そして、この中で、地球の中心部分にある核というものが、この質問に関係してくるのです。
この核は、内核と外核に分けることができます。どちらもおもに、鉄やニッケルの金属でできているらしいのですが、内核は固体、外核は液体の金属です。そして、外核の液体の金属は、内核のまわりで対流を起こしているようです。つまり、溶岩(ようがん)のようなドロドロにとけた金属がかたい金属のまわりでぐるぐると動いているのです。
鉄やニッケルは電気を通しやすい金属なので、このように動くと、発電機と同じように電気が起きます。
つまり、地球は自分の中心で、発電をしているということなのです。そして、その電気が磁石の力を作りだしています。それも、非常に大きな磁石の力であるために、地球の上にいるわたしたちにも観察することができるというわけなのです。

おうちの方へ

ここで説明した地磁気の考え方は、ダイナモ理論と呼ばれるもので、今のところ受け入れる学者が最も多い理論です。ただ、まだ地磁気についてはわからないことも多く、今後新しい説でこの考え方が覆されることもあるかもしれません。

PAGETOP