メニュー閉じる

どうして地球はまわって(自転して)いるの

どうして地球はまわって(自転して)いるの

地球は、誕生(たんじょう)したときからまわり続けています。なぜまわるのかは、地球がどのようにして生まれてきたのかと関係があります。

もともと太陽や地球は、宇宙(うちゅう)にただよっていたちりが、回転しながら生まれてきたものです。そのときの回転が今も残っているために、地球は自転しているというわけなのです。
太陽も地球も、また太陽系の惑星の多くも、宇宙のちりの同じ方向の回転から誕生しました。したがって、太陽、地球やほとんどの惑星は、距離(きょり)は非常にはなれているにもかかわらず、それらは同じ方向に自転しているのです。同じ自転の中から生まれてきた証拠(しょうこ)であるといえます。

PAGETOP