メニュー閉じる

地球はまわっているのにどうしてわたしたちは感じないの

地球はまわっているのにどうしてわたしたちは感じないの

地球はたしかに回っています。しかし、ふつうわたしたちはそのことを、まったく感じないで生きています。

なぜなら、わたしたちといっしょに、わたしたちのまわりにあるものや空気も同時に動いているからなのです。
たとえば、 自動車で高速道路を走っているときをのこと想像してみてください。 時速100kmのスピードで走っているときに、耳をふさがれて目かくしをされると、わたしたちは車が走っているかどうかわからなくなります。つまり、景色が見えない状態(じょうたい)で、車の中の空気もいっしょに同じスピードで動いてしまうと、車はものすごいスピードで動いているにもかかわらず、まったく気がつかないのです。もちろん、車が急にスピードを上げたり、急にブレーキをふんだりしたらわかりますが。
じつは地球もこれと同じと考えることができます。地球はいつも同じスピードで回転し、急にスピードを上げたりすることはありません。したがって、人間も同じ速度で回転し、さらにまわりのものや空気もいっしょにまわっているため、まったく回転していないように感じてしまうのです。

PAGETOP