メニュー閉じる

地球のまん中には何があるの,どうなっているの

地球のまん中には何があるの,どうなっているの

地球の内側がどうなっているか、それをたしかめるには、あなをほってみることですが、ざんねんながら、今のところそれはできません。

そのかわりに、地震(じしん)のゆれ方を研究し、それにもとづいて、地球の中を予想する方法で調査を行っています。
この研究により、地球の内側は、地殻(ちかく)、マントル、核(かく)という、3つの部分に分かれていることがわかっています。
地殻は、地球をつつんでいる皮のような部分です。これがだいたい30kmから40kmの厚さで、地球を取りまいています。
次に、マントルは、地殻の下から深さ2900kmぐらいまで続きます。
マントルの下にあるのが核です。これが地球のまん中にあるものなのです。核は、内側の核(内核:ないかく)と外側の核(外核:がいかく)の2つに分かれています。
内核は、半径が約1400kmのかたいかたまりになっており、そのかたまりを、厚さが約2100kmほどのドロドロの溶岩(ようがん)のようなものが取りまいています。これが、外核です。核は、外核も内核も鉄およびニッケルでできていると考えられています。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP