メニュー閉じる

土は何からどうやってできるの

土は何からどうやってできるの

土は岩と生き物からできています。

岩は、長い年月の間に自然の力でくだかれたり、けずられたりして、細かくなっていきます。砂場(すなば)の砂なども、このようにもともと岩だったものがけずられてできたものです。
しかし、岩がどんなに細かくなっても、それだけでは土にはなりません。土になるためには細かくなった岩に、生き物の力が必要なのです。
細かくくだけた岩に、バクテリアがすみついたり、こけが生えたり、動物や植物の死がいがたまったりします。すると、だんだんと砂が土に変わっていくというわけなのです。
こうしてできた土には栄養(えいよう)があります。花や木は、この栄養で育つのです。
おうちの方へ
岩石から削られた砂は、純粋に鉱物から構成されています。そこにバクテリア、地衣類、コケ類などが定住します。次に死んだ生物の分解によって、有機物と腐植物がたまってきます。その後、水や空気などの働きによって、鉱物質と有機物の複雑な混合物ができます。これが土壌、つまり土なのです。

PAGETOP