メニュー閉じる

富士山はどうしてできたの

富士山はどうしてできたの

富士山もほかの火山と同じように、地下のドロドロしたマグマが噴火(ふんか)でふき出してきて、それがつみ重なってできた山なのです。

ただ、富士山の特徴(とくちょう)は、はじめ8万年前に小さな山ができて、その後、大きくわけて3回も噴火を重ね、現在のような形になったことです。着物をたくさん重ね着していくように、噴火のたびに火山灰(かざんばい)や溶岩(ようがん)が積み重なってまわりに広がり、すそ野の広い高い山ができたのです。
おうちの方へ
富士山は、中央の大きな火口のほかにも約80もの火口が存在します。

PAGETOP