山はどうしてあるの,どうやってできたの

山はどうしてあるの,どうやってできたの

山には大きく分けて2種類あります。まず、ひとつは火山の山です。これは、噴火(ふんか)で溶岩(ようがん)が流れ、その溶岩が積み重なってだんだん高くなってできたものです。

火山で一番有名なものでは、まず富士山があげられます。富士山は、大きく分けて3回の爆発(ばくはつ)によって噴出(ふんしゅつ)した溶岩が積み重なって高くなった山です。
次に、もうひとつの方ですが、これは富士山のようにひとつの山が独立してあるのではなく、いくつもの山がたくさん連なっている山です。このような山は山脈(さんみゃく)とよばれていますが、日本でも、北アルプスとか南アルプスなどがこれにあたりますし、世界では、カナダのロッキー山脈や、チョモランマ(エベレスト)のあるヒマラヤ山脈、ヨーロッパのアルプス山脈などが有名です。
このような山脈は火山ではありません。つまり溶岩が積み重なってできた山ではないのです。これらは、長い間に地面にしわがよってできた山なのです。
地球の表面は、1年に2~20cmほどですが、少しずつ横に動いています。地球の表面は、まるでジグソーパズルのようになっていて、それぞれのピースがいろいろな方向に動いています。すると、どこかで必ずぶつかるところができるのです。ふつうは、ぶつかってもどちらかが下にしずみこんでしまうのですが、ときどきそれができないような大きなものどうしがぶつかることがあります。この力は、非常に強力で、かたい岩を曲げてしまうほど強いのです。
このようにしてできたのが山脈の山で、日本の北アルプスや南アルプスは、日本列島と、伊豆半島の正面衝突(しょうめんしょうとつ)でしわがよってできた山であり、ヒマラヤ山脈は、アジア大陸とインド大陸の正面衝突でしわがよってできた山なのです。

PAGETOP