メニュー閉じる

雨には何がふくまれているの

雨には何がふくまれているの

雨がふったあと、晴れると遠くのほうの景色までよく見えます。これは、雨つぶが、空気中のよごれをすいとって、空気をきれいにしたからです。

このように、雨つぶは地面に落ちてくるとちゅう、よごれた空気中を通り、よごれを取りこんでいるのです。したがって、雨つぶの中にふくまれているものは、そのときどきでちがってきます。強い風でまい上げられた細かい土ぼこりがふくまれていることもあるし、海の水のかわいた塩がまじっていたりすることもあります。また、春には、いろいろな花粉がまじっていることもあるのです。
そして最近、世界中で問題となっているのは、自動車や工場のえんとつからはき出されるけむりによる、大気汚染(たいきおせん)です。自動車や工場からはき出されるけむりの中には、硫黄酸化物(いおうさんかぶつ)や窒素酸化物(ちっそさんかぶつ)といわれるものがふくまれており、これが雨つぶの中にとけこむのです。このようなものがたくさん雨つぶにとけこむと、その雨は酸性雨(さんせいう)となります。
酸性雨は、木をからしたり、湖の魚を殺したり、コンクリートをもろくしたりするために、今、大変な問題となっているのです。

PAGETOP