メニュー閉じる

雨の落ちるスピードはどれくらい

雨の落ちるスピードはどれくらい

雨つぶの落ちてくるスピードは、雨つぶの大きさによってちがいます。

小さな雨つぶは、ゆっくりと、大きな雨つぶは速く、地上に落ちてきます。
たとえば、直径が0.02mm、つまり1mmの50分の1の非常に小さな雨つぶ(こんなに小さいものは、本当は雨というより、霧(きり)のつぶですが)は、1秒間に1~2cmしか落ちてきません。直径が0.15mmのつぶになると、1秒間に50cmほどのスピードで落ちてきます。
直径が0.5mmより大きくなると、一般に雨といっていますが、この、直径が0.5mmほどの細かい雨で、秒速2.2m。直径1mmの弱い雨で、秒速6.2m。直径3mmの強い雨にもなると、秒速7~8mというスピードで落ちてきます。秒速7~8mというと、時速25~30kmのスピードになります。雨も、大つぶになると、意外に速いスピードで落ちてくるものなのです。

PAGETOP