メニュー閉じる

雨がふるときどうして雲が黒くなるの

雨がふるときどうして雲が黒くなるの

雲は、地上のわたしたちからは、ふわふわした綿(わた)のように見えますが、じつは細かい氷や水のつぶが空気中にうかんだものです。

氷や水のつぶですから、もともと色はなくとうめいなわけですが、これに太陽の光が当たると乱反射(らんはんしゃ)するために白く見えるのです。これは、雪を虫めがねで見ると、とうめいでも、はなれて見ると白く見えるというのと、同じことです。
ところで、雨がふるときは、ちょうどわたしたちの真上に雲があります。わたしたちは、雲のいちばん底の部分を見ているわけです。その雲の中には、これからふってこようという雨つぶが、たくさんまじっています。また、その雨雲は、低いところから高いところまで広がった厚い雲ですから、太陽の光は雲の上から下までは通れません。そのために、わたしたちが見上げる雨雲は、黒く見えるというわけなのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP