どうして雲から雨がふるの

どうして雲から雨がふるの

雲は、ふわふわした綿(わた)のように見えますが、じつは細かい氷や水のつぶが空気中にうかんでいるものです。

この雲の中では、まずはじめに細かい氷のつぶができます。そして、この氷のつぶのまわりに細かい氷のつぶがくっついていき、だんだん大きな氷のつぶになっていくのです。こうしてできた氷のつぶは重くなり、空中にうかんでいられなくなると、地上に落ちてくるのです。
この氷のつぶは、落ちてくるとちゅうの空気の温度が高いと、とけて雨となりますが、逆に空気の温度が低いと、氷のまま落ちて雪やあられになるのです。

PAGETOP